カートをみる マイページへログイン ご利用案内 配送方法 送料 お問い合わせ お客様の声 サイトマップ
RSS

 

からかみ木版

からかみ木版とは、雲母を糊や膠で溶いた絵の具をその日の気候で調節し、篩(ふるい) という道具にとり、版面におきます。
紙を版木の上にそっとのせ、手のひらで撫でて柄を写しとります。

光と陰翳により変化する図案のきらめきや転写された絵の具の偶然の表情が魅力です。

ページトップへ