カートをみる マイページへログイン ご利用案内 配送方法 送料 お問い合わせ お客様の声 サイトマップ
RSS

 

HOME > 墨流し


  

   墨流し
    墨流しの技法は、平安時代からあり1000年以上の歴史を持つ技法といわれています。
    水面に墨汁または顔料を落とし、その波紋の模様を紙や布に写しとる染め技法のことをいいます。
    墨流しは、水の状態、水の成分、室温、塵埃、顔料、紙など、多くの要素が微妙な影響を及ぼすので、
    同じものを作ることの出来ない偶然性のより強い加飾技法です。この偶然性が墨流しの魅力ともいえます。


商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜4件 (全4件)

和綴じ裏表紙 水模様 清澄シリーズ (わとじうらひょうし みずもようせいちょうシリーズ)メニューホルダー、ご芳名帳 メール便可
在庫を確認する

和綴じ裏表紙 水模様 清澄シリーズ (わとじうらひょうし みずもようせいちょうシリーズ)メニューホルダー、ご芳名帳 メール便可

1,900円(税抜 1,759円、税 141円)
和のメニューホルダー、結婚式ご芳名帳におすすめの和綴じ本です。メール便可
◆特別なおもてなしの和綴じ表紙。 中にメニューを挟み、メニューホルダーや、結婚式や個展などのご芳名帳におすすめな和綴じ本です。
加飾紙製造販売・一吉の商品は、手加工のため風合いや柄が異なります。特に、「墨流し」という加飾技法のは同じ色を使っていても、色の密度や吸い取り場所などにより、同じ商品でもまったくことなる印象を感じてしまう可能性がございます。また、製品の特性上、WEB掲載した柄指定のご希望には添えません。掲載写真はイメージとしてとらえて下さい。あらかじめご理解いただきますようお願い申し上げます。
一吉和紙・墨流し紙 「水模様・玉響シリーズ」2色
在庫を確認する

一吉和紙・墨流し紙 「水模様・玉響シリーズ」2色

5,200円(税抜 4,815円、税 385円)
水の模様をうつしとる、伝統的な墨流しの技法をつかった和紙です。アートパネルや額装にして、お使いいただけます。色は、青×緑と赤×橙の2種類ご用意しました。

1件〜4件 (全4件)

ページトップへ